Page: 2/4  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
石川 セリ


石川 セリ / NEVER LETTING GO SERI (1980頃)

高校生の時、初めて聴いた石川セリのカバーアルバム。当時、ジャケットがあまり良かったので衝動買いしてしまいました。でもそれ以来ファンになりました。もう20年も前のこと。当時(今も・・)SERIの独特な声色を聴いてすぐに魅了されました。
このアルバムからビリー・ジョエルの「素顔のままで」やボズの「WE'RE ALL ALONE」を教えてもらったという、私にとっては大変重要なアルバムです。残念ながらもう廃盤になってしまいました。
当時、彼女のコンサートに行ったとき、ご主人の陽水が来ていて、舞台に上がってきて邪魔をしていたのを覚えています。
| kisa | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SADISTIC MIKA BAND


SADISTIC MIKA BAND / 黒船 (1974)


あのサディスティックミカバンドの名盤2thアルバムです。これも中学の時に初めて聴いて、もの凄くショックを受けたモノです。
ミカバンド自体は73年のデビューから75年の解散まで3枚のアルバムを残しました。当時のメンバーは加藤和彦、高橋幸宏、高中正義、後藤次利など今を時めくひとたちばかりです。
音楽的にも当時としては、群を抜いた新しさだったと思います。それはこのアルバムを聴けば解ります。
「黒船」は当時バンドをやってた時必ずラスト曲でやってました。
| kisa | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
畠山 美由紀


畠山 美由紀 / Wild and gentle (2003)

畠山 美由紀の2枚目となるソロアルバムが出ました。
「Diving into your mind 」に通ずる曲がありました。今回はラストに収録されている、「真夏の湿原」。前作に続くすばらしい曲です。
前作に引き続き、彼女のソウルフルな歌声は健在ですね。
他にもBandura(パンドゥ−ラ)の響きが印象的な、「Unknown landscape」、CHORO CLUBの優しい音色がノスタルジックな雰囲気漂う「あなたの街へ」など、少々マニアックな感はあるがとっても良い作品だと思います。
| kisa | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
畠山 美由紀


畠山 美由紀 / Diving into your mind (2002)

このアルバムも「Diving into your mind 」という曲ををどこかで耳にして探しまくったモノです。
1曲目にそのタイトルナンバーが収録されています。この曲聴いて3日くらい泣いてました。久々に心に染みる感動を覚えた曲です。
彼女はもともとポート・オブ・ノーツやダブル・フェイマスのメンバーでもある女性ボーカリスト。1994年にソウル・ボッサ・トリオに参加。その後ソロにて活動。シングルカットで「遠い灯、遠い場所」、「輝く月が照らす夜」などの名作を生み出しました。
悲しげな感じでいてその裏では力強さみたいなものを感じてしまいます。全体的にゆったりした雰囲気をかもしだしたアルバムに仕上がっています。
このアルバムにはそういった彼女の代表作がすべて納められています。ジャケットもナカナカ良いです。
| kisa | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MISIA


MISIA / GREATEST HITS (2002)

「つつみ込むように・・・」や「陽の当たる場所」が流行っている時にBALI島に行ってその雰囲気と曲がリンクしてハマッてしまいました。それ以来、MISIAの曲はチェックしています。
この曲を聴くとBALI島を思い出してしまう。ラストの「果てなく続くストーリー」のLIVE VERSIONは圧巻です。BESTなのに私が一番好きな「恋する季節」が入ってないのは何故なんでしょうか?残念です。
| kisa | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
近田 春夫&ハルヲフォン


近田 春夫&ハルヲフォン / ハルヲフォンレコード (1977)

当時中学生だった頃、異常に好きだったハルヲフォンの出世作(2thアルバム)。初めて聴いたときの感動は今でも忘れられません。でも周りからは、かなり異常視されました。
「今聴いても古さを感じさせない!」とまでは言えないけどある意味で新しいモノを感じてしまいます。
ポップスメドレーに登場する郷ひろみの「花とミツバチ」のアレンジ等は、近田春夫の天才的な才能を感じます。すごく良いです。
残念ながら廃盤になっているので普通のCDショップでは入手は困難ですが、しばらく前に復刻盤が発売されてました。
| kisa | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ANN SALLY


ANN SALLY / HALLELUJAH (2003)

アン・サリーの初ライブ・アルバムが出ました。2003年のソロ・ツアーの模様を収録しています。実は私も渋谷での公演に行ったのでその時の雰囲気がそのまま感じ取れます。
とてもいいライブでした。ラストに親友の畠山美由紀とのデュオで「きよしこの夜」が入っています。
| kisa | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ANN SALLY


ANN SALLY / MOON DANCE (2003)

2003年5月24日に渋谷で彼女のLIVEがありました。もちろん今回のリリース記念LIVEなんですが、はじめて見た印象は彼女の音楽といっしょという感じでした。なんかほんわかした感じでいて、歌いだすと聴いている者を惹きつけていく独特の雰囲気。まったく「何でしょう〜」とこっちが言いたくなるような・・・でもとても印象深いLIVEでした。
| kisa | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ANN SALLY


ANN SALLY / MOON DANCE (2003)

2003年5月24日に渋谷で彼女のLIVEがありました。もちろん今回のリリース記念LIVEなんですが、はじめて見た印象は彼女の音楽といっしょという感じでした。なんかほんわかした感じでいて、歌いだすと聴いている者を惹きつけていく独特の雰囲気。まったく「何でしょう〜」とこっちが言いたくなるような・・・でもとても印象深いLIVEでした。
| kisa | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ANN SALLY


ANN SALLY / DAY DREAM (2003)

アン・サリーがニュー・アルバムをリリースしました。待ってましたと思いきや、なんと2枚同時リリースと聞いて驚きました。1thアルバムの「VOYAGE」が個人的にはかなりセンセーショナルでしたので、今回のこの2作品はだいぶ意表を突かれたような感じです。
内容は聴いてのお楽しみですね。ボサノバでないアン・サリーもナカナカ素敵です。
| kisa | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |