Page: 2/29  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
石川 セリ
 石川 セリ / ときどき私は・・・Seri (1975)



35年前に製作されたアルバム。わたしが高校生の時初めて聴きました。それまではfusion系ばかり聴いていたわたしにとって、とても不思議な世界でした。本当はひとつ年上の女性から教えて頂いた石川セリ(当時23歳)。当時京都に住んでいたいた私は、このアルバムと宇治川と夕焼けが、今でも鮮明に思い出されます。

『ときどき私は・・・』は音楽でありながらひとつの物語がその作品の中で完結していくのような、『楽曲』を感じさせる作品です。ドラマのように情景がまるで目の前で見ているかのように浮かんできます。
アルバム全体的には、セリ独特のONE&ONLYな声色で、まったりと歌い上げるアンニュイな感じです。その中でも特に私は 『TABACOはやめるわ』〜『優しい関係』〜『フワ・フワ・WOW・WOW』 への流れが大好きです。

石川セリには他にもたくさんいい曲があります。
『MOONLIGHT SURFER』, 『MIDNIGHT LOVECALL』, 『SEXY』 などの名曲も他のアルバムに収録されていますが、私はこの 『ときどき私は・・・seri』 だけはどうしても別格のような気がします。
製作スタッフ+ミュージシャンは、当時の矢野夫妻、松任谷夫妻(まだ未婚)、シュガーベイブ、伊藤銀次、ポン太、後藤次利等々有名なミュージシャンが大勢参加しています。それだけでも驚きの名盤です。
| kisa | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世紀末の詩
世紀末の詩<ドラマ>


2010年末、YouTube検索中にたまたまたどり着いた昔好きだったドラマ。もう12年も前になります。当時より歳を取りましたが泣けました。特に4話の谷 啓さんすばらしい。ご冥福をお祈りします。

世紀末の詩』は1998年10月14日から12月23日まで日本テレビ系で水曜夜10時に放送された連続テレビドラマ。全11話で、各話一話完結。
 
 結婚式の場で婚約者に駆け落ちされた野亜と、学長選挙に1票差で敗れた大学教授の百瀬。それぞれビルの屋上から飛び降り自殺をしようとして出会った二人の姿を子猫のような表情で笑う少女ミア。三人は河南町の廃屋で共同生活を始めた…。

 婚約者に捨てられた野亜(竹野内豊)と、学長選挙に敗れた初老の百瀬(山崎努)。この二人の男が”愛とは何か”を問う異色ラブストーリー。一話完結形式で、毎回様々な角度から「愛」にスポットが当てられていく。愛の存在を信じ続ける野亜と、シニカルに否定する百瀬。二人の世紀末の詩人が辿り着いた、真実の愛とは…。

 野島伸司が、日本テレビ系のドラマに初めて脚本で参加した作品である。これまでの野島作品と比べ、過激な展開は鳴りを潜め一見地味な作風であった上、第1話の寓話的内容、竹野内豊のこれまでのイメージを覆す演技に引いた視聴者もおり、平均14.6%、最高18.7%(第1話)と視聴率は振るわなかった。これをもって、「野島神話崩壊」とするスポーツ紙の報道もあった。報われる事の無い愛の形が毎回描かれ、悲劇的な破局で終わるパターンがメインであった。

●野亜 亘
(演:竹野内豊
どこかたよりない性格で自惚れ屋。よく感動して泣く。姓は聖書の人物ノアを髣髴とさせる
●百瀬 夏夫(演:山崎努
「教授」。物知りでスケベオヤジ。姓は聖書の人物モーセを髣髴とさせる。
●ミア(演:坂井真紀
野亜と百瀬の同居人。過去は一切不明。
●羽柴 里見(演:木村佳乃
近くの小学校に赴任してきた新任教師。第5話ゲストキャラ佐々木留美(純名里沙)の友人。
●百瀬 祐香(演:松本恵(現・松本莉緒))
百瀬の娘。離婚し親権は母方。野亜目当てで遊びに来る。
●牧野 千秋(演:吉川ひなの
貧しい兄弟の長女。野亜とよく道端で遭遇する。実は百瀬との間に深いつながりが有った。

(WIKIより)

| kisa | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010 HAWAII
 WASHIN Air
パイパーアーチャーII(PA28-181)、最高出力180馬力、最高速度125ノット、搭乗人数4名。体験操縦の単発機としておなじみの機体です。

今回の旅行の目玉は突然やってきました。一緒に行ったパイロットのSさんが『セスナを運転しに行こう!』と言い出したのだ。『えぇ!!ライセンスも無いのに運転できるの?』以前日本でもセスナに乗った事があったがその時は操縦かんは持たせてくれたけど離発着まではさせてくれなかったゾ。。。
『大丈夫、大丈夫!』というお言葉に誘われつつ、ホノルル国際空港までタクシーを飛ばしていきました。
ホノルル空港上空

ホノルル空港は、セスナ機もジャンボ機も同じ滑走路を使うという特異な空港らしい。空港内に小さな航空会社がたくさんあってその中でも日本人経営の『Washin Air』という会社にやってきました。本日の乗客はSさん(独身)と内のおひーさん、TOMY(アメリカ在住の日本人富井さん)教官、と私の4名。飛行機も4人乗りという一番小型機です。


今回急に飛び入り参加したため、出発を少し遅らしてもらい9時30分ごろの出発となりました。ご迷惑ばかりお掛けして申し訳ありません。。。

行き先は、ホノルルからオアフ島を出てモロカイ島とラナイ島の間を通りマウイ島を周ってハワイ島の手前でUターンして帰ってくるコース。途中モロカイ島の小さな空港で『touch&go』と休憩があり、時間にして約4時間弱の行程です。朝出発して午後にはホノルルに帰航します。

コースはいろいろあってワイキキ周遊コース、オアフ島一周コース、サンセットツアー、ナイトツアーなんてのもあるらしい。時間は短いものでは20分〜30分のショートコース($120〜150)、60分のスタンダードコース($180〜250)が人気みたい。



『Washin Air』はハワイに取材などに来た芸能人などもよく利用するらしく、事務所には有名人の方たちの写真なども飾って有ります。私たちが行った直前にもお笑い芸人が来ていたそうです。

待合室(応接間)で少し待ってすぐに出発です。TOMYよりカンタンに飛行機のことを説明されもう搭乗です。小さい飛行機なので羽根がステップがわりです。



4人乗り単発(プロペラ1つの事)のセスナ機って、時速何キロくらいで飛ぶか知ってます?時速90キロでもう飛んじゃうんですよ!ぼくはビックリしました。高速道路走ってる車よりよっぽど遅いんですね。離陸の時は、アクセル全開で思いっきり操縦かんを引くべし!フワッと浮き上がり大地から離れます。気持ちイイ!!

ホノルル空港を飛び立ってまもなくワイキキの街が目下に見えてきます。ダイアモンドヘッドも今日はきれいに見えています。



ワイキキ上空は結構気流の変化が激しいらしく、飛行機もフワフワ揺れます。しっかり操縦かん持ってないと結構怖いです。


↑コレはモロカイ島東海岸沿い『ジュラシックパーク』の撮影現場で使われたところだそうです。
飛行機だと普段来れないようなトコを見れたりするから楽しい!


Molokini Island
どうです、この美しさ!
モロキニ島はマウイ島の西沖合いにある三日月の島。シュノーケルで有名ですので、ツアーのボートがたくさん見えますね。
皆さんもぜひトライしてみてください!


カラウパパ空港待合室

ここはモロカイ島にある無人の空港 『カラウパパ空港』 
横長のモロカイ島の北端のナショナル・ヒストリー・パーク内にあります。
TOMYから、空港敷地内より外には絶対出ないように強く言われました。


写真の通り空港周りには何も有りません。

実はココは1800年代後半、世に蔓延した『ハンセン病』患者の隔離された地だったのです。もちろん今では恐ろしい伝染病という常識は一蹴されましたが、この地は未だに立ち入り禁止地域に指定されているらしいのです。わたしは知りませんでした。ハワイという楽園にもこんな辛い歴史があったということを。日本に帰ってそのことを調べました。ベルギーの宣教師としてハワイに渡り、島のハンセン病の実態を知り、モロカイ島の環境改善のため生涯を捧げ、最後には自らも発病し命を落としたダミアン神父。


空港にたどり着く一本道と空港入口

 2009年10月にダミアン神父は聖人に列されることが、2009年2月に教皇ベネディクト16世から発表された。
ハワイ出身のバラク・オバマ大統領もダミアン神父の列聖を祝福するコメントを発表した。今回福者から聖人になったが、その理由は2つの奇蹟、一つは1895年に一人の修道女(重い腸の病気に罹っていた)をダミアンのインターセッションで症状を治したこと。もう一つはダミアンの墓の前で祈ったAudrey Toguchiのリポザルコーマを治したことと報じられている。



様々な歴史を持つモロカイ島、カラウパパ・エア・ポート


空港内滑走路。右側はすぐに海の断崖
| kisa | 12:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2010 HAWAII
 Turtle Bay Resorts

今回のご宿泊は、ノースショアの北端にあるリゾート、タートルベイリゾート。名前のとおりまわりには、ハワイでも指折りのウミガメの生息地、うじゃうじゃいるところです。こないだもサーフィンでパドリングしてる時、海の中で真下で何かが触った!!!と思ったらカメでした。私は怖がりです。なので死ぬほどビックリしました。

今回の旅行の目的にひとつはノースショアのサンセットを母に見せたあげたかったことです。だからここに宿泊することにしました。このあたりでは施設としては一番まとも?年寄りのひとり歩きには一番安心できるかな。オ・ラ・レストランも美味しいし、夕日もきれいですからね。。。


今日は、誰かのの結婚式後のパーティーあるみたいです。最近多いのよね。
日本の若い方たちもちょくちょく見ます。イイデスねー!!!僕たちの頃は無かったなー。残念!


タートルベイ・リゾートをビラ側から望む。建物手前はプールになりまーす。
今日は天気がイマイチかな。
ビラはビーチの目の前にあって直接海に入れますよ。ビラの手前(海とは反対側)は芝生になっていて、公園があったり、ハンモックがあったり、のんびり出来ます。スタッフがいつもきれいに手入れしていますよ。



ビーチサイドの回廊奥に見えるのはプールサイドのバー。もちろんオール・イン・クルーシブなので、リーゾトライフはお気楽に過ごすことが出来ます。


今日もサンセットの時間です。この後は美味しいディナーの時間です。
| kisa | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010 HAWAII
Lani Kai BEACH
 

2010年夏、今年のハワイはすごかった。なんと家族連れてハワイに行きましたよ。。。
しかもJTBという高級旅行代理店を始めて利用しました。旅行券が10万円分余ってたからなんですけど・・・『一度でいいからハワイにツレッテッテ!』 何十年も前から母に言われ続けてようやく約束を果たすことが出来ました。

とはいっても一昨年に姉が痺れを切らしてハワイの連れて行ったのですが、その時はワイキキとアラモアナしか行かなかったらしく、初めてとはいえ、それまでに色々私から吹聴されていた母には物足りなかったみたいです。

今回は6〜7人乗りのビッグバンをレンタル。可愛そうな母を連れてオアフ島一周してきましたよ。おかげさまで母は、オアフ島は東西南北ドコのローカルでも通になりましたよ!


これは私の母では有りません。。。ちなみにカイルアビーチパークです・・・

パンケーキが好物の母には、一度 『Boots&Kimo's』 のマカダミアナッツソースのパンケーキを食べてもらいたくて、カイルアの町にやってきました。実は昨年、ブーツ&キモズは新装開店しまして、店もキレイに広くなり、場所もチョット移動してました(ドン・キーの方です) でも味は相変わらず美味しいですよ!!                          Boots&Kimo’s


その後はお約束どおり、『カイルアジュース』 行ってアサイーボウル食べてアンティークショップ見て、『天国に一番近いビーチ』に行きます!

Laniは天国、Kaiは海。ラニカイ・ビーチは月並みだけどやっぱりきれいです。エメラルドグリーン海の色とビーチに続く緑の小路と、白くて細かい砂浜。すべてがマッチしてあの風景を創ってるんですよね。
                                   ↓ LANIKAI BEACH//




| kisa | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
toumei na ie
自宅マンションのリフォームをアップしました。テーマは 『透明な家』


Ingo Maurer
1932年Davide Campariは、当時、もっとも有名な未来派芸術家の一人であったFortunato Deperoに、新製品のカンパリソーダのボトルデザインを依頼。2002年インゴマウラー社のデザイナーRaffaele Celentanoは、(Campari Light)を発表しました。こうして生まれたCampari Light。ボトルは本物のカンパリボトルです。光源の光はしっかりと真下を照らします。同時にボトルから透ける光がキラキラと美しく他にはないペンダントライトとなります。





以前の自宅
| kisa | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Kitchenリフォーム
Kitchen




以前のキッチン

以前は囲まれた閉鎖的な空間でしたが、キッチンのスタイルをL型+変形ペニンシュラに変更し、オープンキッチンタイプにすることで光をキッチンの奥まで取り入れることが出来ました。
写真奥は玄関ホールですが、仕切りの壁を取り外しガラスブロックに変更。キッチンを通して暗かった玄関ホールにまで光を通すことが出来るようになりました。
| kisa | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Livingリフォーム

Living&仕事場




以前のリビング

狭いスペースをいかに有効に活用するか?それは出来るだけ無駄な空間を作らないこと。今回収納は全て部屋の空間に合わせてオーダーすることにしました。色もなるべく壁面と一体化するようホワイトに統一しました。
遊びの空間も欲しかったので上部は1本カウンターにして出窓を渡り廊下のようにしてみました。
照明は部屋真ん中に付けると狭く圧迫感が出るので、ダクトレールにして両サイドから照らすようにしました。



腰壁はプレーンのシンプルなエコカラット張りにしました。室内の生活臭を吸い取ってくれます。また巾木の変わりも兼ねています。

minimii
渡りカウンター
| kisa | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Kitchenリフォーム
Kitchen



 以前のキッチン

キッチンはL型ペニンシュラにしてカウンターを広く取りました。バックガードはコバルトブルー300角ガラスタイルをアクセントにしました。冷蔵庫裏には電磁波防止にエコカラット張りにしました。
手元灯はインゴマウラーのカンパリライトをポイントアクセントにしました。


キッチン横の袖壁には特注サイズで黒板を取り寄せました。黒板とカンパリが思った以上にマッチして良かった。
| kisa | 16:49 | - | - | pookmark |
玄関ホールリフォーム
Entrance


ガラスブロックの向こう側より照明が照らすようにしました。
右奥のミラーがガラスブロックを映しています。


カウンターと吊戸棚のスキマの壁にはピーコックグリーンの200角のガラスタイル張りにしました。
夜にはMoon Princess(照明)がタイルに反射して映えます。


以前の玄関ホール

玄関ホールです。こちらはガラスブロックを使って、奥のリビングから光が玄関ホールまで届くようにしました。日中でも真っ暗だった玄関にガラスブロックを通した柔らかい自然光が差し込むようになりました。

また照明はホール天井真上のダウンライトを止め、ガラスブロックの裏側に設置。ガラスブロックを通して玄関ホールを照らすようにしました。足りない照度はカウンター上にスタンドを設置。人感センサーで自動で点灯するようにしました。

玄関収納はカウンタータイプとトールタイプ組合わせオーダーで作りました。狭い空間なのでホワイトカラーで統一。
写真奥のトール収納の扉は全面ミラーにすることで鏡の役割と、ガラスブロックが映ることによる空間の連続性を持たせています。空間が広がっているように錯覚する効果を出しています。


いつも待ってます。。
| kisa | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode