スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
Richard Tee
RICHARD TEE / STROKIN' (1979)




「STUFF」のキーボーディストのリテャード・ティー待望の初リーダー・アルバムです。ジャケットからしてとてもインパクトのあるものですが、要はゴルフのティーなんですね。プロデューサーはボブ・ジェームス。
彼のプロフィール、1943年N.Y.ブルックリン生まれ。5才の頃からピアノを始め10代の頃には地元ブルックリンのクラブで大人と一緒にセッションしていた。1965年にモータウン・レーベルと契約しプロとなります。1976年に伝説のバンド「STUFF」に参加。モントルー・ジャズ・フェスティバルで絶賛。その後はあっという間にN.Y.の一流ミュージシャンの仲間入りを果たしました。
彼の音楽(演奏)スタイルの特徴は大きく二つあります。一つは彼特有の左手の使い方から表現されるリズムワークと、右手の旋律・コードとアクセント。二つ目は、フェンダー・ローズを使った独特の音色とメロディ。
彼の演奏スタイルが「ONE&ONLY」と言われる誰にも真似出来ないテクニックです。
このアルバムでは何と言ってもタイトルナンバーの『STROKIN'』ですね。最初から最後まで息付くことなく続くリチャードのメロディーライン。それをバックでしっかりサポートするスティーブ・ガッドのドラムワーク。誰が何と言っても彼の一番の大傑作でしょう。ラストナンバーの『Take the A train』はスティーブ・ガッドとのデュオになっています。「A列車」もリチャード風にアレンジするとこうなっちゃうんですね。ここでも二人のコンビネーションは最高です。ぜひ聴いてみてください。


| kisa | 22:48 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:48 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2006/12/12 11:20 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2006/07/18 7:59 AM

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode