スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
HIROMI UEHARA VOICE
JUGEMテーマ:音楽
 

HIROMI UEHARA  VOICE

全米アマゾン・ジャズチャート1位を記録したソロ・ピアノ作「プレイス・トゥ・ビー」を経て、上原ひろみがトリオ作品ならが、ジャズ、ロック、そしてオーケストラの世界観さえも創造する渾身の作品。メンバーはTOTOのドラマー、サイモン・フィリップス(ds)、不動のスーパー・セッション・ベーシスト、アンソニー・ジャクソン(b)で構成。新たなる最強トリオが誕生。日本人ジャズ・ピアニストとして上原ひろみ(31歳)が参加したスタンリー・クラーク・バンドがアルバム「スタンリー・クラーク・バンドfeat.上原ひろみ」で『最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム』をグラミー受賞

このトリオはいいです。特にサイモン・フィリップとの共演はいい。サイモンの静かに燃える情熱とハットなドラムテク、それに上原ひろみの茶目っ気たっぷりのピアノ。それでいて才能とセンスは類まれなものを持っています。上原ひろみの演奏って、3曲目の『Now or Never』聴くと本当に楽しそうにピアノ弾いてるって感じがするけど、7曲目の『Haze』聴くと、創造以上に感傷的で、スピリチュアルでなのかなと感じました。ピアノの演奏はもちろんですが、その独創的なフレーズと作曲の展開は本物を感じます。すごいのが出ました。余談ですがYou Tubeに『CHAILDREN IN THE SUMMER』という矢野顕子の曲を二人が共演した映像ががあります。スゴイです。是非見てみて下さい!

| kisa | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:14 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback