スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
SASロイヤルホテル
中央駅正面のSAS ロイヤルホテル
Radisson SAS Royal Hotel コペンハーゲンに来た目的のひとつ。とにかくここに泊まりたかったんです。1961年に完成したヤコブセンの代表的建築のひとつです。建物はもちろん、家具や照明、カトラリー、カーペット、ドアノブ、リムジンバスまでデザインしましたという、彼のデザインの集大成です。

ホテルのレセプションです。受付カウンターのようなものは無く、写真のような丸テーブルでチェックインをします。エントランスに入るとすぐにホテルの人が来て"may I help you? "と立ち寄ってきます。先ずは「アーティチョーク」の照明に圧巻でした。

エントランス・ホールにあるラウンジ。Egg chairやSwan chairがいたる所に置いてあり、トラベラーに一時の休息を与えてくれます。写真は、ブラックレザーのエッグ・チェア。

2階のラウンジ。エントランス・ホールとは違い、ゆったりとした、落着いた雰囲気です。奥は会議室などに使われるようです。

予約した部屋。Rm.No.1712角部屋です。17階ですので結構上の方でした。室内にはテーブルとスワン・チェア、ロイヤル・フロアランプがありました。すべて、ヤコブセンのデザインしたものです。
ROOM 606
「ヤコブセン・スイート」と呼ばれるこの部屋は、当時のままのオリジナルで保存されている。

サニタリーアイテムはすべてボーラ社のモノ。これらもヤコブセンのデザイン。



| kisa | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:09 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode