Page: 1/4   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
2010 HAWAII
 WASHIN Air
パイパーアーチャーII(PA28-181)、最高出力180馬力、最高速度125ノット、搭乗人数4名。体験操縦の単発機としておなじみの機体です。

今回の旅行の目玉は突然やってきました。一緒に行ったパイロットのSさんが『セスナを運転しに行こう!』と言い出したのだ。『えぇ!!ライセンスも無いのに運転できるの?』以前日本でもセスナに乗った事があったがその時は操縦かんは持たせてくれたけど離発着まではさせてくれなかったゾ。。。
『大丈夫、大丈夫!』というお言葉に誘われつつ、ホノルル国際空港までタクシーを飛ばしていきました。
ホノルル空港上空

ホノルル空港は、セスナ機もジャンボ機も同じ滑走路を使うという特異な空港らしい。空港内に小さな航空会社がたくさんあってその中でも日本人経営の『Washin Air』という会社にやってきました。本日の乗客はSさん(独身)と内のおひーさん、TOMY(アメリカ在住の日本人富井さん)教官、と私の4名。飛行機も4人乗りという一番小型機です。


今回急に飛び入り参加したため、出発を少し遅らしてもらい9時30分ごろの出発となりました。ご迷惑ばかりお掛けして申し訳ありません。。。

行き先は、ホノルルからオアフ島を出てモロカイ島とラナイ島の間を通りマウイ島を周ってハワイ島の手前でUターンして帰ってくるコース。途中モロカイ島の小さな空港で『touch&go』と休憩があり、時間にして約4時間弱の行程です。朝出発して午後にはホノルルに帰航します。

コースはいろいろあってワイキキ周遊コース、オアフ島一周コース、サンセットツアー、ナイトツアーなんてのもあるらしい。時間は短いものでは20分〜30分のショートコース($120〜150)、60分のスタンダードコース($180〜250)が人気みたい。



『Washin Air』はハワイに取材などに来た芸能人などもよく利用するらしく、事務所には有名人の方たちの写真なども飾って有ります。私たちが行った直前にもお笑い芸人が来ていたそうです。

待合室(応接間)で少し待ってすぐに出発です。TOMYよりカンタンに飛行機のことを説明されもう搭乗です。小さい飛行機なので羽根がステップがわりです。



4人乗り単発(プロペラ1つの事)のセスナ機って、時速何キロくらいで飛ぶか知ってます?時速90キロでもう飛んじゃうんですよ!ぼくはビックリしました。高速道路走ってる車よりよっぽど遅いんですね。離陸の時は、アクセル全開で思いっきり操縦かんを引くべし!フワッと浮き上がり大地から離れます。気持ちイイ!!

ホノルル空港を飛び立ってまもなくワイキキの街が目下に見えてきます。ダイアモンドヘッドも今日はきれいに見えています。



ワイキキ上空は結構気流の変化が激しいらしく、飛行機もフワフワ揺れます。しっかり操縦かん持ってないと結構怖いです。


↑コレはモロカイ島東海岸沿い『ジュラシックパーク』の撮影現場で使われたところだそうです。
飛行機だと普段来れないようなトコを見れたりするから楽しい!


Molokini Island
どうです、この美しさ!
モロキニ島はマウイ島の西沖合いにある三日月の島。シュノーケルで有名ですので、ツアーのボートがたくさん見えますね。
皆さんもぜひトライしてみてください!


カラウパパ空港待合室

ここはモロカイ島にある無人の空港 『カラウパパ空港』 
横長のモロカイ島の北端のナショナル・ヒストリー・パーク内にあります。
TOMYから、空港敷地内より外には絶対出ないように強く言われました。


写真の通り空港周りには何も有りません。

実はココは1800年代後半、世に蔓延した『ハンセン病』患者の隔離された地だったのです。もちろん今では恐ろしい伝染病という常識は一蹴されましたが、この地は未だに立ち入り禁止地域に指定されているらしいのです。わたしは知りませんでした。ハワイという楽園にもこんな辛い歴史があったということを。日本に帰ってそのことを調べました。ベルギーの宣教師としてハワイに渡り、島のハンセン病の実態を知り、モロカイ島の環境改善のため生涯を捧げ、最後には自らも発病し命を落としたダミアン神父。


空港にたどり着く一本道と空港入口

 2009年10月にダミアン神父は聖人に列されることが、2009年2月に教皇ベネディクト16世から発表された。
ハワイ出身のバラク・オバマ大統領もダミアン神父の列聖を祝福するコメントを発表した。今回福者から聖人になったが、その理由は2つの奇蹟、一つは1895年に一人の修道女(重い腸の病気に罹っていた)をダミアンのインターセッションで症状を治したこと。もう一つはダミアンの墓の前で祈ったAudrey Toguchiのリポザルコーマを治したことと報じられている。



様々な歴史を持つモロカイ島、カラウパパ・エア・ポート


空港内滑走路。右側はすぐに海の断崖
| kisa | 12:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2010 HAWAII
 Turtle Bay Resorts

今回のご宿泊は、ノースショアの北端にあるリゾート、タートルベイリゾート。名前のとおりまわりには、ハワイでも指折りのウミガメの生息地、うじゃうじゃいるところです。こないだもサーフィンでパドリングしてる時、海の中で真下で何かが触った!!!と思ったらカメでした。私は怖がりです。なので死ぬほどビックリしました。

今回の旅行の目的にひとつはノースショアのサンセットを母に見せたあげたかったことです。だからここに宿泊することにしました。このあたりでは施設としては一番まとも?年寄りのひとり歩きには一番安心できるかな。オ・ラ・レストランも美味しいし、夕日もきれいですからね。。。


今日は、誰かのの結婚式後のパーティーあるみたいです。最近多いのよね。
日本の若い方たちもちょくちょく見ます。イイデスねー!!!僕たちの頃は無かったなー。残念!


タートルベイ・リゾートをビラ側から望む。建物手前はプールになりまーす。
今日は天気がイマイチかな。
ビラはビーチの目の前にあって直接海に入れますよ。ビラの手前(海とは反対側)は芝生になっていて、公園があったり、ハンモックがあったり、のんびり出来ます。スタッフがいつもきれいに手入れしていますよ。



ビーチサイドの回廊奥に見えるのはプールサイドのバー。もちろんオール・イン・クルーシブなので、リーゾトライフはお気楽に過ごすことが出来ます。


今日もサンセットの時間です。この後は美味しいディナーの時間です。
| kisa | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010 HAWAII
Lani Kai BEACH
 

2010年夏、今年のハワイはすごかった。なんと家族連れてハワイに行きましたよ。。。
しかもJTBという高級旅行代理店を始めて利用しました。旅行券が10万円分余ってたからなんですけど・・・『一度でいいからハワイにツレッテッテ!』 何十年も前から母に言われ続けてようやく約束を果たすことが出来ました。

とはいっても一昨年に姉が痺れを切らしてハワイの連れて行ったのですが、その時はワイキキとアラモアナしか行かなかったらしく、初めてとはいえ、それまでに色々私から吹聴されていた母には物足りなかったみたいです。

今回は6〜7人乗りのビッグバンをレンタル。可愛そうな母を連れてオアフ島一周してきましたよ。おかげさまで母は、オアフ島は東西南北ドコのローカルでも通になりましたよ!


これは私の母では有りません。。。ちなみにカイルアビーチパークです・・・

パンケーキが好物の母には、一度 『Boots&Kimo's』 のマカダミアナッツソースのパンケーキを食べてもらいたくて、カイルアの町にやってきました。実は昨年、ブーツ&キモズは新装開店しまして、店もキレイに広くなり、場所もチョット移動してました(ドン・キーの方です) でも味は相変わらず美味しいですよ!!                          Boots&Kimo’s


その後はお約束どおり、『カイルアジュース』 行ってアサイーボウル食べてアンティークショップ見て、『天国に一番近いビーチ』に行きます!

Laniは天国、Kaiは海。ラニカイ・ビーチは月並みだけどやっぱりきれいです。エメラルドグリーン海の色とビーチに続く緑の小路と、白くて細かい砂浜。すべてがマッチしてあの風景を創ってるんですよね。
                                   ↓ LANIKAI BEACH//




| kisa | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009 HAWAII

2009 HAWAII ココ・ヘッド辺り

夏に1週間ほどハワイに行ってきました。今回は行かない予定でしたが、たまたま最後のエアチケットがギリギリに取れたので行くことにしました。

のんびりハワイの気持ちのイイ風と、穏やかな木漏れ日を感じるひと時を味わってきました。





続きを読む >>
| kisa | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TURTLE BAY RESORT


Turtle Bay Resort

ノースショア唯一のリゾートホテル(たぶん)、タートルベイリゾートに行ってきました。

ハワイのノスタルジックな風景が広がるノースショアに忽然と現れる巨大なリゾート施設。ハレイワタウンからカメハメハ・ハイウェイを北に走ると15〜20分位で左手にリゾートの入口にたどり着きます。


途中で警備の人がいてセキュリティーチェックがありますが、予約してあれば、自分の名前を言えば、マイネームプレートをくれて駐車場を案内してくれます。とってもフレンドリー!ビジターの場合は、その旨を伝えれば入れます。ビジターは駐車場は有料だというのですが、以前来たときも払ったことも請求されたこともありません?!

まもなく、「THE BAY CLUB」に到着。


ロビーを抜けるとフロントデスクがあります。


エントランスロビーには、巨大な岩のモニュメントが・・・岩の隙間を水が流れ落ちています。

フロントでチェックインを済ませてカードキーを受け取りいざお部屋へ・・フロントの先にエレベーターがあり、ポーター等は付かず自分で部屋まで行き、自分で荷物も運びます。
私たちの部屋は「WEST WING」の4階の「デラックス・オーシャンフロント」
と、言ってもココは全部屋オーシャンフロント!デラックスは、ベランダの大きさや階数で変わります。

部屋の大きさはインターネットのHPでチェック済みでしたので思ってた通り。「とっても広い!」とは言えないけど2人部屋としては十分!

部屋のベッドの上でリゾートのマスコットのタートル(カメ)が「アロハ〜!」っとお出迎えしてくれました。


小さなテーブルがあり、その上には、リゾートのTシャツがペアで置いてありました。「コレ着てゆっくりしってってね!」みたいな感じ。。。


サニタリーもキレイでガウンやタオル、アメニティーもいっぱい置いてあり、先ずは合格。


部屋から望む、タートルベイの「Kuilima Point」先のオーシャンビュー。





「Kuilima Cove」に広がるプライベートビーチ。入江になっているため波は小さく、家族連れには安心できますね。


プライベートビーチには「 Ola Restaurant 」が隣接しており、サンセットの頃になると宿泊客が集まってきます。カクテルを飲んだり食事をしたり、とっておきの時間をくつろぐことが出来ます。このレストラン地元でも有名で、料理が美味しい!特に手長海老のガーリックシュリンプは美味しかった。

地元カフク産との事。ステーキも美味しかったでっすよ!ハレイワの「サーフ&シー」のMAKIさんもよく来ると言ってました。

でも何よりも素晴らしいのはやっぱりサンセットですよねぇ〜。。。


今日は、ウェディングパーティーをやってました。中庭に「ウェディングパビリオン」があり、そこで料理やドリンクの準備もできます。




ホテルのメインプール。結構深くて、一番深いところは水深2.5m位あります。気を付けないと溺れちゃいます。。。

海に面してプールがあり隣のBARではドリンクサービスがあります。もちろんチェックでOK!ビールが美味い!


「Kuilima Point」クイリマ岬まで散歩できます。散歩と言っても足元は岩岸なので要注意。運が良ければウミガメに会えます。季節があえばクジラに遭えます。






タートルベイには他にもいろんなものがあります。私たちはホテルに宿泊しましたが、他にオーシャンビラとビーチコテージがあります。サーファーにはそちらの方が良いし、直接ビーチに続いているのがいい。他にも乗馬、ゴルフ、テニスなど、アクティビティーが充実していて、ヘリポートからは、ヘリによるツアーもあるそうです。宿泊者にはテニスコートのレンタルや、シュノーケリング用具などは無料でサービスしてくれます。アクティブに過ごすのも良いし、海を見て美味しいものを食べてのんびり過ごすのも良いし、ここではそのどちらも選択できます。

美しい自然と青い海と空。そしてすべてを真っ赤に染めるサンセット・・・
ここにはそれがあります。
加えてロコのやさしいおもてなしのココロと、ゆったりとした時間の流れ。。。
ノースショアのB&Bに泊まるのも良いし、何も気遣いせず自分たちだけ時間を持つならココもありかな。。。



| kisa | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WAIOLI TEA ROOM
JUGEMテーマ:旅行


WAIOLI TEA ROOM
オーガニックで美味しいと噂のワイオリ・ティールームに行ってきました。マノアのハワイ大学に行った後、そのままユニバーシティー通りを真っ直ぐ行くとマノワ通りと合流する交差点を左折。すぐ右側に駐車場につながる道があり、そこを登った所にあります。
緑に囲まれゆったりしたいい所です。ホノルルに行ったらぜひ行ってみて下さい。オススメ!


駐車場に面してきれいな古い教会が隣接しています。緑と日差しに映えてとてもキレイ。

ティールームの中もオープンエアな感じ。静かで地元の人たちしかいませんでした。


まわりを緑に囲まれ、いろんな種類の小鳥がたくさんいて、ロコたちの食事も会話も弾みます。


オーガニックがモットー。料理はすべてオーガニック。私たちはランチメニューを注文。


コチラはスープランチセット。美味い!これにオーガニック・コーヒーが付いています。




ゲストの食事が終わると今度は何処からともなく小鳥たちが集まってきます。ゲストの次は小鳥たちの番です。店の人たちもなんだか、すぐには片付けようとはしません。自然の中で共存しているんですね。



| kisa | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
eco & Smile 2008年 夏 Hawaii
2008hawaii1

1年ぶりにハワイにやってきました。今回の昨年に続いてオアフ島の滞在です。7月15日ホノルルに到着〜 久々のハワイの空気を満喫!今回の旅のテーマは、

eco & Smile

です。今日はワイキキのホテルに荷物を降ろして、明日はハーツで車をピックアップしてNORTH SHOREに移動です。
サッサとチェックインを済まして一年ぶりのワイキキビーチへ直行。。。その前にちょっと腹ごしらえを。。。
2008hawaii3Organic Cafe
BREKERS HOTELの隣りのHAWAIIANA HOTELの向かいにあるオーガニック・カフェ。有機野菜のサンドイッチやスープ、コーヒーが気軽に食べられます。先ずはココでチョットいっぷく。

2008hawaii4アルファルファとアボガドのサンドイッチがおいしい!


2008hawaii2
そしてワイキキビーチへ到着!いつもといっしょだ〜!やはりハワイのスタートはワイキキビーチからですね。




| kisa | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KAHALA
THE KAHALA hotel & resort
ワイキキ郊外のカハラ地区にある高級リゾート。
1964年カハラ・ヒルトンホテル、1995年カハラ・マンダリンホテル、2006年『ザ・カハラ・ホテル&リゾート』として。。以前はそう呼ばれていました。世界中のVIPが訪れるホノルルの最高級ホテルです。


世界一美味しいマカダミアナッツチョコがココにあります。
新鮮なマカダミアナッツに直接チョコを絡ませてあり、チョコというよりはナッツのチョコレートがけ、という感じ。でもコレが美味しいんです。ダーク、ホワイト、ミルクの3種類が選べます。事前に予約が必要です。日本からも予約できます。→詳しくはコチラをクリック




ホテルのロビーには9mもある天井から、ホテルのシンボルでもあるシャンデリアが吊るされている。内装にはオールド・ハワイアンの調度品や伝統装飾がいたるところに見られる。


高く盛られたトロピカル・フラワーが訪れる客を歓迎しています。
ホテル内には、オリエンタルから各国の料理まで揃える、有名な『HOKU’S』やビーチに続く朝食ビュッフェの『プルメリア・ビーチ・ハウス』、アフターヌーンには2階バルコニーから続く『THE VERANDA 』で何種類ものハーブティーやケーキを食べることが出来る。


プールサイドは一般的な感じ。広さもさほど広くない。ただ、前面に広がるプライベート・ビーチとは一体感がありオープンな空間が造られている。プールサイドにはドルフィン・ラグーン(写真手前)があり、イルカや海亀などがいて子供たちには人気となっている。イルカと遊ぶアトラクションもある。


カハラ・ビーチ
前面に広大に広がるP・ビーチは静かで美しい。ワイキキビーチとは対照的で、ほとんど観光客もなく宿泊客がほとんど。


地元のショッピングモール、カハラ・モールから続くKealaolu通り。
カハラ・モールからこの道をまっすぐ歩くとカハラ通りに突き当たる。その先にはカハラ・ビーチ・パーク、突き当りを左に行くとその先に『ザ・カハラ』がある。周りには大きな敷地に大きな庭と高級住宅が建つ。


カハラ・モールからキラウエア通りを挟んで向かい側に『ウメケ・マーケット』があります。ここはオーガニックの専門店。オーガニック素材を使った食材や、その原料などが豊富に揃えられている。

ハワイ産のシー・ソルト
| kisa | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Honolulu Academy Of Arts
ホノルル美術館


 シャングリラ・ツアーに参加するため、ホノルル美術館までやってきました。
シャングリラへは、ココからアカデミーの送迎バスに乗ってカハラまで出かけます。



アラモアナの北にあります。ショッピングセンターに来たついでに立ち寄ると結構好きな人は楽しめるかも。。。



中にはいくつかのパティオとそれを囲むかのようなギャラリーが展開している。アジア、ヨーロッパ、中世、現代等、区分けされていて見やすくなっている。



美術館のなかには、有名な『パビリオン・カフェ』があります。ゆったりとした空間や庭を見ながら、オーガニックなランチタイムを楽しむことが出来ます。ただし行く時は事前に予約が必要です。日・月定休。




| kisa | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SHANGRI LA  理想郷
シャングリラ訪問
1935年ハワイの恋した大富豪の女性ドリス・デューク。彼女がダイヤモンヘッドを望むカハラに5エーカーの土地を購入し、贅を尽くして建てられた『SHANGRI LA(理想郷)』に行ってきました。


シャングリラから間直に望む広大な太平洋。ガーデンプールと緑豊かなハワイの自然が見事に調和しています。


プレイハウス
ダイニングから続く庭の向こう側には別棟のプレイハウスが見えます。ココは残念ながら非公開。




庭の芝生からリビングルームを望む。正面の木製扉は全てオープンになります。外側にもう1つ大きなガラスがはめ込まれており、それが全て地面に引き下げられる仕組みになっています。




エントランス

 閑静なカハラの住宅街を抜けゲートをくぐり、緩やかなカーブを下りていくとロータリーの脇に写真のエントランスが見えてきます。まさに隠れ家といった感じ。この扉を開けるとその中はまさにアラビアンナイトの世界が広がります。


 イスラムアートに彩られた美しい内装のパティオ。モロッコ、トルコ、イランといったイスラム圏の国々から取り寄せられた様々な装飾品がいたる所に飾られています。残念ながら内部の撮影は禁止です。


海岸線から立ち上がる石組みの壁。海岸線には砂浜と船着場があります。


裏口より続くムガール庭園
ムガールとはインド北部の伝統的な庭園デザインのひとつ。長く続く水路と両脇の緑との調和とシンメトリーが美しい。タジマハールもこの技法を取り入れている。


シャングリラは、西洋、イスラム、ハワイの全てが融和した美しい所でした。どの部屋を見ても同じデザインのものがありません。ハワイに行く時には是非行ってみて下さい。

シャングリラ・ツアーは、ホノルル・アカデミー・オブ・アーツ(ホノルル美術館)で開催されています。ウィークデイに、8:30〜、11:00〜、13:30〜の1日3回。料金は英語ツアーガイド付きで25ドルでした。日本からも予約できますから安心です。私は現地で予約しました。また別に先日たまたま見つけた旅行会社の案内にシャングリラツアーが載ってましたので掲載しておきます(ココをクリック)詳細は直接問合せして下さい。

| kisa | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |